赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策

葉酸はDNAの合成のほか、脳や神経を造るとされ、胎児には必要な成分とされています。

事実、先天性異常のリスクが大聞く減少指せるとして、世界中でその摂取に関して指導勧告がなされているのです。

必要量は妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとのことですが、とにかく過剰な摂取は注意してください。

赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠が成立する機序を知り、出来るだけ仕組みをコントロールするものだともいえるのです。

それから、最も重要なものといえば、栄養だというのはゆるぎない事実です。

とは言え、必要な栄養を完璧に摂るということは簡単ではないので、そんな時に使えるのが葉酸サプリです。

最近の葉酸サプリの選び方は、目的を妊娠に絞り込んだサプリメントや妊活サプリなるものも登場しました。

なお、妊活時に、ひときわ気にかけるべきなのは、ストレスへの対処で、ストレスが原因となって筋肉は緊張し、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。

沿うすると、卵巣や子宮といった妊娠に関わる組織の機能は下がってしまいます。

仕事を持つ方でストレスが大聞くかかり、生活も不規則だという方は、いっそ休職する事も視野に入れてみましょう。

妊婦さんには、便秘がちになる方がけっこう見うけられます。

腸のはたらきを正常にするためにも、腸内環境が良くないと栄養の摂取にどんなに気をつけていても、栄養素は上手に吸収されないことになります。

多様な栄養素が、腸内細菌の正常なはたらきで体内に吸収されるので、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも常に気づかうのが賢明です。

見たところ全く関連性がなさ沿うなことですが、実際には、妊娠と歯の健康というものにはとても深い関連があるということが判明しています。

最近の研究からわかってきたのですが、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げる沿うです。

妊娠中は控えた方がいい治療というものも存在していますが、妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は、すぐに受診するのがベターです。

不妊治療そのものに、違和感を感じるご夫妻もいるかもしれません。

さらに、不妊治療には違和感がなかったとしても、不妊治療に不可欠な費用が負担になって一歩踏み出せなかったり、あきらめざるをえないこともあります。

タイミング治療をうけるにあたり、それほど費用がかかりませんが、人工授精や体外受精を願望すれば、まとまった費用が掛かります。

ちなみに、葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説は、よく聴かれるようになっています。

オナカの中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、妊娠中の女性の健康を維持するためにも必要な栄養素として認識されています。

一番必要なのは、葉酸サプリの選び方といつから飲むのかということでしょう。

葉酸の需要は、妊娠直後がピークだと言えますが、出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。

 

 

葉酸以外にもチェックする必要のある成分

暑い時期が来ると、思わず冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますよね。

ですが、妊活を行っている時は、普段以上に出来る限り体を冷やす飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

それに対して、ホットな飲み物をとることは血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるだと言えます。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、日頃から体を冷やさないように気を付けて下さい。

なお、葉酸は受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、妊活中の段階から十分な摂取がもとめられています。

ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は、簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

さらに言えば、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分として、ビタミンB12の値があります。

といったのも、葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12が足りなくなっても、判断しにくくなってしまう事があります。

思うんですが、私に赤ちゃんができたのは、ハグクミの恵みの葉酸サプリを飲んだおかげです。

私は葉酸サプリのハグクミの恵みをネットで見つけて、その重要性を教えられました。

それは、妊活を行っている人が、自らすすんで飲むといいサプリだったのです。

私は結婚してから三年、妊娠しませんでした。

なので、ハグクミの恵みを試しに飲んだのですが、ちゃんと妊娠できましたが、もしも毎日続けて飲んでいなかったら、ハグクミの恵みは効果なしと思ったかも知れません。

熱に弱いといった特性がある葉酸は、なかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、ハグクミの恵みのサプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

葉酸サプリを購入するときは、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることがとても重要です。

その成分が自分の身体を構成していくので天然の原料を使っていること、余分な香料や添加物でごまかしていないことなどの安全性にも気を配りたいものです。

この頃、よく見かけるようになった黒豆茶ですが、このお茶を妊活中に飲むのはとても合理的なものだと言えます。

その訳は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることはミスありません。

それに、イソフラボンといった黒豆の成分が、女性ホルモンと似た作用が働く可能性があるからです。

ご存知のように、イソフラボンは十分に摂ることで、ホルモンバランスを正常に整えてくれる作用があります。

なので、欠かさずに黒豆茶をホットで飲向ことで、さらなる効果が期待できますね。

世の中では、コドモができずに悩むご夫婦が、10組に1組存在すると言われていますが、不妊治療を行おうといったときに、気になるのが医療費が高いことです。

中には自治体によっては、医療費を補助してくれる取り決めもあるので、ぜひ利用しましょう。

その際、申請事項が異なりますから、住所を置いている都道府県のホームページなどを調べてみて必要であれば申込んでみて下さい。

私たち夫婦は、女の子を産みたいと思っていましたから、男女産み分けについて、本もホームページも全部調べ上げました。

野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと、どこまで本当かと言いたくなりますが、自分たちでできることは全て試しましたね。

その内に新しい命が授かり、ひどいつわりに悩まされたときも、必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、元気な女の子が生まれてきたのです。

 

 

年を重ねると太りやすくなる理由

基礎代謝量は、加齢が進むにつれて次第に落ちていくと言われています。

現に食生活は変化していないのに、年を重ねると共に太りやすくなっている状態にあります。

ダイエット用や脂肪を燃やしたり、吸収を阻止するタイプのサプリも色々ありますが、出来る範囲自然派中心の漢方で、代謝アップに努めたいですよね。

まず、ダイエットを行う際には、まず最初に基礎代謝量を計算しておくことが大切なんです。

基礎代謝とは、平常時に消費されているエネルギーのことを指すので、この数値が大きいほど太りにくい体質だということができるのです。

今は便利なことに、ネット上で簡単に基礎代謝が計算できるホームページがありますので、一度使って確認してみるといいと思います。

ダイエットをずっと継続していると、いつの間にかカロリー計算なしでも、おおよその摂取カロリーが当てられるようになるはずです。

肉に米、野菜をこれくらい摂取したら、昼食の摂取カロリーはこれくらいだという具合に見当がつくのです。

私も昔、デブだった黒歴史があるので、あの時期を思うとちょっぴり切なくなります。

ちなみに、職場の人との人間関係上のストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食になっています。

頬や顎、二の腕やオナカ周りにも、お肉がついてぷよぷよ状態で、どうにかスリムになりたいなって考えてはいるのですが、中々運動する暇がありません。

こんな時こそ、簡単にスリムになれる方法がないものかと、スマホで検索して、スリムフォーというダイエットサプリを見つけました。

スリムフォーの口コミによると、あまり苦労しないで、体重を簡単に減らせる成分が入っているので、これなら痩せれる気がしています。

とにかく、彼氏と海に泳ぎに行く日までに3キロは痩せたい!それくらい切羽詰っているということです。

スリムフォーを飲んだ後で、歩くことによって痩せる効果がアップする感じがしますが、その時の注意点は、20分以上は必ず歩き続ける事です。

その理由は、有酸素運動であるウォーキングで、体内で燃え初める脂肪は、歩き初めて約20分後からだからです。

そのため、20分ぐらいしか歩かないのなら余分な脂肪までは燃焼されず、スリムフォーだけでは思ったほどのダイエット効果は得られないので気をつけましょう。

 

 

ナースは完璧に売り手市場です

外来の看護師の業務は、病院に訪れたことがある人なら知っているように、注射や問診、点滴、血圧測定といったことを行ったり、患者に医師の指示で処置をします。

もちろん、手術や検査の移送も看護師がやる仕事です。

また、看護師は患者さんと接する時間が多いため、病の治療だけではなく精神面での気配りも必要です。

しかし、日本全国の病院等では、これまでずっと看護師不足の状態がそのままになっています。

そのため、就職や転職に関してナースは、完璧に売り手市場だということができます。

看護の資格さえあれば、自分の希望条件や適正に見合う最適な職場を比較的にたやすく選択することができます。

なお、看護師資格を得るための国家試験は、年一回行われます。

看護師が足らないことが問題視されている日本にとっては、嬉しいことにここ何年かの看護師資格の合格率は、90%前後と高い水準を継続中です。

また、看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とはちがい、一定のラインをクリアすれば合格できちゃう試験なんです。

そのため、看護師転職サイトで自分に合うものを見つけ出すためには、最初に自分の希望をきちんと掌握しておくこと、それが重要です。

あまり深く考えないで、「さぁ、転職!」と思い描いているだけでは、あなたに合う転職先など巡り会えるはずがありません。

さらに、看護師って医療職で手堅いシゴトな印象ですが、けっこうしんどい仕事の割には報酬はたいしたことはないです。

婦長クラスならともかく、多数の人はその苦労に見合わない額です。

なので、賃金の低さに嫌気がさして退職してしまう看護師も、そんなにレアケースではありません。

中には、看護婦の資格を持ちながら、介護用品の販売店に転職する人もいますよ。

 

 

オーストラリアって結構面白いなぁ

私が最近、興味深いなぁって思ったのが、オーストラリアという国です。

興味深いので、めちゃくちゃ一生懸命地理の勉強をしていたりするのです。

でも、オーストラリアって国土が乾燥しているところが半分以上っていう住みにくいところなんだなぁなんて思ったりとか。

それから、なんだかんだで海の近くに暮らしているのは本国イギリスにいつでも帰れるようにってことらしいですね。

それも面白いなぁなんて思ってしまいました。

個人的に賃金が高めなのがうらやましいなって、感じなんですけどね。

バックパッカーとかが、オーストラリアに暮らしてお金を貯めるなんていうのも聞いたことがあります。

ただし、物価も高いらしいので、その点ではいい面も悪い面もって感じですけども。

とりあえず、鉄鉱石なんかも沢山とれるけど、自国で移動させるよりも海外に輸出した方がコストがかからずに良いらしいです。

そういうのってなかなか実感わかないので、興味深いなって思いました。

他にもいろんな国があるとは思いますが、先進工業国なんていえないオーストラリアはなかなか日本とは違う発展をしていて、魅力的に思えます。

この前テレビをみていたら、タスマニアのことをやっていたのです。

なので、その意味でもオーストラリアは富裕層向けの政策とか打ち出していて、老後とかに行ってみたいって思える国だなぁってしみじみ。

とかく、いままであまり気にしたことなかったのですが、一度行ってみたりしたいなぁなんて思える国に格上げになりました。

そんな私が今お気に入りなのが、このマイナチュレです。

 

 

ニキビとホルモンバランスの関係について

肌荒れとニキビは、結構深く結びついていることが多分にあると思います。

ニキビはホルモンバランスの乱れが主な原因なので、特に思春期に出現しやすいと言われています。

ただし、思春期をすぎてもできるケースが多々ありますが、その場合には大人ニキビとか吹き出物と呼ばれています。

この大人のニキビの根源となるのが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。

ホルモンバランスを正しく整えるには、この時期にはまずリラックスをして、安静に体を休めておくことも大切です。

一般的に、ニキビは繰り返しできやすい肌トラブルの一つです。

一旦、ニキビが治まったからといって、暴飲暴食や不摂生な生活を繰り返していると、またすぐにニキビが再発します。

繰り返しニキビができないようにするためには、肌をキレイにし、バランスの悪い食生活を改め、十分な睡眠を取ることが重要だと思います。

また、ニキビができやすくなる原因のひとつに、お肌の乾燥があります。

え!?肌の余分な油脂のせいじゃないの?と疑問に思う人も結構いると思います。

もちろん、余分の油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつではありますが、過剰に油脂を落としすぎてしまうと、逆に肌が乾燥して、それがニキビができる原因となってしまうのです。

さらに、妊娠初期の頃はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、ニキビがでやすくなります。

それと、妊娠による精神的なストレスもニキビが出来てしまう原因になります。

特に妊娠中は、ニキビ治療も抗生物質などは使えませんから、メルライン効果などを期待する方が確実だと思います。

 

 

娘と久しぶりのショッピング

今日は娘と一緒にショッピングに出かけました。

娘は学校を卒業後、仕事に就き、なかなか私と同じ日に休みが重なることが少ないのです。

久しぶりに同じ日にお休みをいただくことができたので、前から行きたいと思っていたショッピングに出かけました。

ファッション科を卒業した娘は、服の知識をたくさん持っています。

最近はこんなのが流行っているとか、私の世代にはこういうのがおすすめだとか、とてもためになります。

いつもブーツカットのジーンズばかりだった私ですが、今回スキニージーンズに挑戦してみたところ、なんと若々しいイメージになりました。

細身のジーンズに抵抗を感じていたのですが、着てみると案外としっくりくるものなんですね。

服を見たり、雑貨を見たり、本屋さんを見たり、CDを見たりして、あっという間の数時間でした。

学生だった頃とは違い、自由になるお金も持っていますし、いつもならお茶をするにも私が全額払っていたのですが、今日は娘がごちそうしてくれました。

なんだか娘と、友達みたいに買い物ができたことがとても嬉しかったです。

娘は今、働きながら自動車学校に通っています。

娘が車に乗れるようになったら、娘の運転で少し遠出したりもしたいと思います。

娘は赤ちゃんの頃はよく泣く子でした。

幼稚園、小学校、中学校、高校、いろんなことがあり、肉体的にも精神的にも子育ては楽ではありませんでした。

でも、今こうして成長した娘を見ていると、本当に生まれてきてくれてありがとうと感じます。

そんな私と娘は、ラクビサプリの効果で毎日元気なのが嬉しいです。

 

 

主婦の仕事は色々と大変です

私は結婚する前、あまり料理をしてきませんでした。

学生の時はそれでも少しは手伝いなどはしたことがあるのですが、一人暮らしの経験がない私は、その日の献立を作ることをしたことがないのです。

作っても、せいぜいカレーくらいなものです。

結婚したら食事の支度を始め、様々な家事をこなさなくてはいけなくなりました。

幸い旦那の方が一人暮らしが長く、掃除などはできる人だったので、私は自分のペースで徐々に家事をこなしていくという感じでした。

そんな中でも、やはり困るのが食事で、スーパーでの買い物も、母について一緒に行ったことくらいしかありません。

なので、何をどれだけ買ったらいいのかもわからなかったし、毎日毎日何を作ったらいいのか、何を参考にしたらいいのかすごく悩みました。

そんな私を見かねた旦那が、何冊かレシピ本を買ってきてくれました。

その本は基本的に一品だけ紹介されているわけではなく、メインのおかずに合わせた副菜やスープのレシピまで乗せてくれているものだったので、とても助かりました。

そのレシピ本たちのおかげで、どんなものを買ってきて、何を作ったらいいのかというのが段々とわかってくるようになりました。

最近は少し面倒に感じることもありましたが、料理をするのが段々と楽しくなってきています。

買い物も最近は慣れてきたおかげで、いかに節約できるかまで頭が回るようになってきました。

買い物にしても料理にしても、毎日やって、その度に工夫していくしかないのだなというふうに感じています。

ちなみに、夜の生活の方はキス専用美容液の効果もあって、旦那も満足しているようです。

 

 

新聞のある暮らしの費用対効果

我が家はここ10年以上、紙媒体の新聞を止めていました。

それ以前は、当時の多くのご家庭と同様にきちんと講読していました。

特に、私は父親が新聞記者でしたから、小学生の頃から新聞の愛読者だったのです。

どうして止めてしまったのかという理由は、次のようなものです。

ちょっと心配事が続いて神経が尖っていた時に、新聞を読むのが辛くなってしまったからです。

第一面や第三面に取り上げられるような事件や事故を見て「我が家にもこんな災厄が襲い掛かるのではないだろうか」と戦慄しました。

また、経済面を見て「この不況の中で家計を切り盛りしていけるのか」とプレッシャーに感じたのです。

さらに、家庭面の「難病と闘う人」「育児の最新情報」などを見て自分と家族を心配してしまった、といった具合です。

私に特殊な出来事なのかと思っていたのですが、私の知人に、やはり出産後にナーバスになっていた時期に、似たような理由で新聞が読めなくなったという人がいました。

まあ「社会を憂える」メディアですから、読んでいて面白可笑しいものではないのは仕方ありません。

そのうちネットニュースが充実し、もう紙媒体の新聞を読まなくてもいいかな、と思い始めていました。

ところが、この4月の新年度から、子供がそろそろ「新聞を読んで見聞を広めた方がよいのでは」という年頃になりました。

という訳で、大手新聞社の1週間の試読を申し込んでみたのです。

今日でその中日、3日目にあたります。

久々に紙媒体の新聞に目を通す生活になった感想は、「知らないことがいっぱい書いてあるなあ」というものです。

別に私が知識不足や情報弱者ということはない(はず)です。

むしろ、人様から「物知り」とお褒め頂くことの方が多いのです。

私は、時間があればネットで延々とウィキペディアなどのリンクを辿って、雑学を増やすのが楽しみなタイプなのです。

しかしながら、今思うに、それは「自分の知りたいことについて」に限られていたようです。

新聞には「私の興味のないこと」「それゆえ知らないこと」がたくさん書かれています。

例えば、「今日という日付が旧暦の何かにあたる」とか「遠い異国の経済の変化が文化を変えようとしている」とかです。

また、自分の日常に関係のないことについては、関心を向ける機会がかなり少なくなっていることに気づきました。

自分の子どもが受験する学校の入試情報については、真偽定かでない情報(某巨大掲示板の噂レベルまで)を山ほど頭に入れていました。

しかし、「年代としても地方としても関係のない小学校の用地問題」については、「何だか問題になっているらしい」程度の薄い認識しかなかったのです。

紙媒体の新聞の見出しの大きさで、「ああ、メディアが大きく報道したいんだな」ということが分かりました。

あと、広告の多彩さも新鮮でした。

新しい概念である「発達障害」を「治す」という「胡散臭そうな本」の広告を見ると、「なんだ、発達障害って良くも悪くも既に一般的に認識されているじゃん」と意外な気がします。

知られていないことが前提の啓発活動を目にすることが多かったので、「なんだか斜め上に理解されているようだ」という印象です。

「知られていない」のではなく「妙な方向に流行している」ことについて啓発した方がよさそうですね。

あと、シニア向けの雑誌の広告が目につきます。

「紙媒体の新聞はもうシニア世代しか読まないんだろうか」という物哀しい感想、お年を召すと関節痛が気になるのか。

今からめなりサプリでも飲んでおこうかな、という将来に備える感想、さまざまな思いが交錯します。

これもまた不思議な体験です。

ネットで既に興味があるものについて調べていると、その情報を知った時の感想もまた「想定の範囲内」におさまるものです。

新聞では、紙面をめくるたびに、予想しない内容に予想しない感想を持つということになります。

面白いような、疲れるような不思議な時間です。

悪く言えば「別に知りたくもないこと」に、時間と費用を割かれるというデメリットでもあるのですけれどもね。

我が家については、子供が必要としており、費用も夫が負担します。

せっかくなので、私も頭が固くならないように積極的に読むように心がけたいところです。

ただ、一般論としては、仕事で忙しい大人が、ゆっくりじっくり読むのかどうか微妙なところではないでしょうか。

実は、私も3日目にして夕刊は読まずに「積読」状態です。

自分の知らない世界を知るためには、「無駄」や「余裕」がとても大切だと分かっていますが・・・

ネットがなく、誰もが新聞を講読することが当たり前の時代には、それを自然に実践に移せました。

けれども、今はネットで自分の知りたい情報を、瞬時に多量に簡単に手に入ることが当然です。

こんな日常に「無駄」や「余裕」って、相当意識しないと入り込む隙間がない気がします。

この新年度は、子供だけでなく、私自身にとっても「新聞を読んで見聞を広める姿勢」をいつまで保ち続けることができるのかが課題となりそうです。

 

 

春菊の天ぷらが意外にも美味しかったです!

最近、春菊が美味しいということに気づきました。

今までは鍋に入れていたのですが、私は鍋に入れた春菊が苦手でした。

なので、春菊は美味しくないものだとずっと思っていたのですが、たまたま入った蕎麦屋さんで、美味しい春菊の天ぷらを食べたんです。

葉物って、油で揚げるとあんなに美味しいんだって思いました。

茹でるわけではなかったら、美味しいのかもということで、自宅でお肉と一緒に炒めてみたら、すごく美味しかったんです。

それからというもの、春菊をどう調理したらいいかなと、よく考えています。

今日は、チャーハンに入れてみました。

あんかけも作ったのですが、春菊の香りがフワーッとして、チャーハンとの相性が抜群でした。

油を多めにひいて炒めたのが良かったようで、やはり春菊は油と合うんだなと思いました。

自分でひとつの食材からアレンジして、ご飯を作るのがとても楽しいです。

大根、人参、玉葱は常備野菜なのですが、これらも煮たり焼いたりして、食感が変わったり、味付けを変えたりする楽しみがあります。

同じ食材を買っていると、家計にも無駄がなくなっていいんですよね。

買うものが特に決まっていないと、つい色々買ってしまうんです。

最近はこの常備野菜に春菊が加わろうとしているということと、最近は水菜もいいなと思いました。

サラダにしてもいいし、野菜炒めの最後に入れると、シャキシャキ感が残って美味しいんです。

もっとパパッとご飯が作れるようになって、どの食材をどう調理したらいいかを勉強したいです。

ちなみに、大根や人参、玉葱などの常備野菜や春菊は、授乳中に必要な栄養が豊富に含まれているのでたくさん摂りたいですね。

 

 

下手ながら楽しんで絵を描くのが好きです。

私は幼い頃から、絵を描くのが大好きな子供でした。

それはたぶん、母が昔学生の頃に「漫画家」を目指していたことも、影響していると思います。

突然ですが、私は幼い時に祖母の家に住まわせてもらっていました。

そこは今で言う田舎で、近所に私以外の子供がいないほど高齢化が進んでいた地域。

遊ぶ友達を求めて、真新しい自転車に跨がって、よく一人で遠くまで遊びにいっていた記憶があるほど、子供がいませんでした。

そして一人っ子でいとこも居ない、話す相手といったらお婆ちゃんやお爺ちゃん。

友達の元に遊びにいくのが、段々めんどくさくなってきていた私は、ある時祖母の家にある小屋に行きました。

そこには、母が集めたのだろう漫画や小説が詰まった本棚が一つ。

当然、小学3年生の好奇心は「本棚」に向かいました。

自分で漫画を買ったりしたことが無かったので、それが初めての「本」

自分の好みの絵柄である漫画本を探して、字が読めなくてもキャラクターの表情などで状況を把握したりして、どんどん漫画の世界にのめり込んでいきました。

勝手に人の物を触っているという背徳感があったので、ちょっとドキドキしていた記憶があります。

そうしている内に、大体の漫画を読み漁ってしまって、好みの漫画を探して本棚をゴソゴソしているうちに…見つけました。

明らかに漫画じゃない、でも絵が凄く綺麗で細かく描き込まれているノートを。

そこに並ぶ漫画本の絵と並ぶ、それぐらいレベルの高い絵が描かれているノート。

憧れました。こんな絵を描けたらな…と、それから絵を描き始めました。

今では暇な時にイラスト投稿サイトに自分の絵をアップしてみたり、開覧数が少しでも増えていたら喜んでみたりしている日々。

鉛筆やボールペン、色鉛筆に水彩など色々な画材に手を出してます。

随分前の絵を見返して、上手になっているのかもしれない!と自信を得ながら。

だけどやっぱり思い出すのは、あのノートの絵。

不思議に思って、母に「あのノート、誰の?」と聞いてみたところ、「私の」と直ぐ様返答が帰ってきて驚いたのが記憶に新しいです。

目標といっちゃあなんですが、いつか母の絵を越えたいと思っています。

まぁ、デッサンをもう一度見直さなければならないですが…。

ちなみに最近ハマっている画材は、水彩色筆。名前の通り、色のついた筆で、まるで水彩のように描ける画材です。

絵具を片付ける面倒も無いですし、水を溢して畳を汚してしまったりしませんから楽しいです。

色鉛筆だけで色を塗る場合、レジン用の粉も使えたりします。

背景の広い範囲を塗るときに、紙に少量粉を溢してティッシュでぽんぽんと広げていく。

成功したら結構綺麗で、細かく色が乗るので便利です。

失敗したら、一ヶ所粉を置いた場所だけ異様に色が濃いですが。。。

クロッキーも水に溶けてくれるので、結構使えたりしますね。

画材は探せば探すほど、「え、これ使えたりするんだ!?」と色々と驚きがあって楽しいです。

絵は下手でも、楽しんで描くのが一番です。

 

 

自分に合うパーソナルカラーでコーディネイトする楽しみ

わたしの肌は、日本人らしくイエローベースと呼ばれる色をしています。

イエローベースの他には、ブルーベースと呼ばれる肌の色があり、イエローベースは名前の通り肌が黄色っぽく、日焼けをした時に小麦肌になりやすいです。

そして、髪の毛がもともとこげ茶に近いような色をしているのが、特徴的みたいです。

逆にブルーベースの子は肌が白く、ところどころピンクに見えるところもあり、唇もピンク色の方が多いです。

髪の毛は、黒に近い髪の毛をしているのが特徴です。

ないものねだりなのはわかっていますが、ブルーベースの肌にわたしはとても憧れます。

透明感のある透き通ったような女の子は、儚げにみえてとても好きなんです。

ただ、今から肌の色を変えるというのはできないので、イエローベースのわたしの肌に似合うカラーは何なのか調べてみました。

イエローベースの肌の人には、「アースカラー」や「暖色系」が似合うとのことでした。

このアースカラーというのは、ブラウンやカーキ、オリーブなどの自然を連想させるような深みのある色のことを指します。

このアースカラーを身につけることで、知的な雰囲気を醸し出すことができるそうです。

また、暖色系には黄色やオレンジ、トマトレッドなども似合います。

あと、コーラルピンクやサーモンピンクといった黄色味の少し入ったピンクもよく似合うそうです。

幸いにも、わたしはどっちのカラーも大好きなので、嬉しい結果ですね。

自分に似合う色を考えて、コーディネイトする楽しみが生まれましたね。

あとは、最近通販で購入したダイエットサプリで痩せる効果があるのかが、楽しみです。

 

 

トマトスープのアレンジレシピを作ってみました。

少し前にある番組で紹介されていた、鍋用のトマトスープを使ったアレンジレシピでしめに食べる料理の紹介がありました。

それで凄く美味しそうだなと思いまして、私も作り方はちょっと違いますが作ってみる事にしました。

そして、私が早速買って来た材料の方は、柔らかめのフランスパンと鍋用トマトスープと海老と生クリームとピザ用チーズです。

こちらを使い作っていくと言う事で、まずは鍋にトマトスープを入れ、そこに海老の殻を入れ煮ていきます。

そして、ある程度海老の出汁が取れたところで取り出します。

そこに剥いた海老と生クリームを入れ、塩コショウと黒コショウで味を調えます。

切ったフランスパンを入れ、先に入れた海老をパンの上にのせてチーズをたっぷりとかけたら蓋をします。

それでチーズは溶けたら、これで出来上がりです。

見た目は凄く美味しそうな仕上がりになりましたね。

早速、チーズがとろとろに溶けた出来立てを食べてみると、凄く美味しかったです。

紹介されていたのは野菜も沢山入っていたので、こちらの方は色々な出汁が出てより美味しいのかなと思いますが、これでも十分な位です。

パンをこのような食べ方にするとは、凄く良い発想だなとも思いました。

フランスパンと言うと、私は大体ニンニクを擦り込んで焼いて食べたりサーモンとチーズをのせて食べたりしています。

また、塗ったりのせたりするような食べ方が主な感じなので、ちょっと新しい食べ方だなとも思います。

スープに浸す事でパンもより柔らかく食べやすくもなりますしね、これはまた作りたくなるレシピでもありました。

それからこちらのスープで、私はもう一品パスタも入れて食べてみる事にしました。

こちらもメディパラソル効果もあって、凄く美味しかったです。

 

 

お勉強系クイズ番組の魅力にハマっています。

私はTVのクイズ番組に毎度毎度熱くなっています。

中でも、「Q〇ま」や「ネ〇リーグ」のようなお勉強系のものが大好きです。

たまに学歴対決で自分の出身大学の芸能人が出ていると応援してしまったりしています。

目下の目標は、宇〇原さんに勝って優勝することです!

毎週見ていますが、1年に3回くらいなら優勝できるかな・・・

最近はカ〇レーザーさんなど手強いライバルが出てきて、こっちも負けそうでヒヤヒヤします。

お勉強系クイズ番組の良い所は、中学や高校の教科書に載っているような懐かしの内容から時事ネタ、文化芸術問題まで幅広いところです。

自分の知らなかったものは、メモを取って後で調べたりしています。

毎日過ごしているだけでは、どうしても自分の興味の範囲外のものって知識がなくなります。

だけど、やはり楽しみながら興味も持てるのはクイズ番組の良い所だなと思います。

やんちゃなイメージの芸能人がクラシックに詳しかったりすると、悔しい気持ちになりますが、その半面すごいなーと尊敬してしまいます。

他のTV番組に出ている時も注目するようになりますね。

勿論学校で習ったようなこともたくさん出題され、懐かしい気持ちになります。

授業で聞いているだけだとつまらなかったのに、何故かクイズとなると楽しい!

今の中学生や高校生は、まさに習ったことがそのまま出ていることが多いのではないでしょうか。

勉強を「つまらないもの」とは思わずに、クイズに答えるという楽しみを見つけてやってみるのも良いんじゃないかなと思います。

教科書を読むときに、全然違ったワクワク感があるし、家族や友達とバトルするのもおすすめですね

実は私、SNSでハッシュタグをつけて実況回答しています。

友達もやっているので、同じ場所にいなくても一緒に楽しめます。

先日は、ジャムウソープ 石鹸の問題が出てて、答えられないので悔しい気持ちになりました。

しかし、身近な人と楽しみを共有しやすいのもクイズ番組の魅力です。

家族に勝って、友達に勝って、宇〇原さんに勝って、クイズ王を目指すぞっていうのが今の私の目標です。

 

 

 

フリマアプリに最近ハマっています

私が最近はまっているのは、『フリマアプリを見漁ること』です。

家でまったり、美味しいカフェラテと美味しいお菓子をつまみながらやるのが特に最高です。

何故、フリマアプリなのか。

きっかけは、現在子供が一人、更に春先にはまた一人家族が増えるということで節約節約を迫られてる中、子供や自分の洋服など沢山買いたい衝動を抑えるため見始めたのがフリマアプリでした。

最初はボロボロの物しかないんだろうな、と思っていたのですが見てみたらそんなことはまったくなく、新品未使用のものも沢山ありました。

しかも定価で買うよりもかなりお安くなっていてお得感がありました。

ショッピングセンターに行って可愛いものを見つけても値段が高かったりとなかな買えずにいたものが、フリマアプリだと自分のお小遣い内でも買えるという事が何より嬉しかったのです。

そして何より『使い方が簡単』というのも魅力的でした。

気になる点があれば、出品者にアプリを通して質問もできますし、値下げ交渉も応じてくださる方も多く、欲しい商品の条件にチェックを入れるだけで簡単に探せるというのがネットショッピングよりも楽でした。

今は特に春先に生まれる子供のお洋服を見漁る毎日です。

毎日見ていても、次々と新しい商品が出品されており、あれもこれもと目移りしてしまいます。

けれどそれも定価で買うよりも安く買えると思うと嬉しく、可愛いものを買い揃えています。

もちろん、買ってばかりではなく自分や子供の物で不要になったものを今度は必要な方へ、と思い出品も始めたところです。

それもまた少しでも自分のお小遣いになると思うとはまっていきそうです。