ニキビとホルモンバランスの関係について

肌荒れとニキビは、結構深く結びついていることが多分にあると思います。

ニキビはホルモンバランスの乱れが主な原因なので、特に思春期に出現しやすいと言われています。

ただし、思春期をすぎてもできるケースが多々ありますが、その場合には大人ニキビとか吹き出物と呼ばれています。

この大人のニキビの根源となるのが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。

ホルモンバランスを正しく整えるには、この時期にはまずリラックスをして、安静に体を休めておくことも大切です。

一般的に、ニキビは繰り返しできやすい肌トラブルの一つです。

一旦、ニキビが治まったからといって、暴飲暴食や不摂生な生活を繰り返していると、またすぐにニキビが再発します。

繰り返しニキビができないようにするためには、肌をキレイにし、バランスの悪い食生活を改め、十分な睡眠を取ることが重要だと思います。

また、ニキビができやすくなる原因のひとつに、お肌の乾燥があります。

え!?肌の余分な油脂のせいじゃないの?と疑問に思う人も結構いると思います。

もちろん、余分の油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつではありますが、過剰に油脂を落としすぎてしまうと、逆に肌が乾燥して、それがニキビができる原因となってしまうのです。

さらに、妊娠初期の頃はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、ニキビがでやすくなります。

それと、妊娠による精神的なストレスもニキビが出来てしまう原因になります。

特に妊娠中は、ニキビ治療も抗生物質などは使えませんから、メルライン効果などを期待する方が確実だと思います。